人間ドックの内容について

人間ドックの内容

病気になるかも知れない不安や、ずっと健康でいたいという願いは誰にでもあるものですが、最近は、病気が見つかってから病院に行くのではなく、自分の体の状態や傾向をチェックし、より健康的にいきいきと生活しようと、定期的に人間ドックを活用する人が増えてきています。人間ドックの内容は、年代や性別、生活習慣によってカスタマイズできるところが多く、自分で気になっていることや、飲み過ぎや食べ過ぎが多い、生活が不規則などの、生活習慣によって内容を相談できるところがほとんどです。例えば、30代なら消化器系の検査を厚くすることや、40代50代では、気になり始めたメタボや循環器系の検査、がんの検査を増やしていくことなどができます。女性は、子宮がんや乳がんの検査を定期的に行うことで、早期治療で治癒率が高くなっている女性特有のがんを早期発見できる可能性が高くなるのでおすすめです。病院で事前に相談することができるので、自分に合わせた検査内容で受けることができおすすめです。

人間ドックの検査内容とは

人間ドックの検査内容は受診する医療機関によって異なりますが、おおむね共通するのは以下の項目です。身長・体重・腹囲の測定、血圧測定、尿検査、血液検査、視力・聴力の検査、心電図、胸のレントゲン検査、胃の内視鏡検査、便潜血検査です。このほか、医師による問診で健康上の気になるところがあるかどうかチェックされます。女性の場合、マンモグラフィー検査が加わることもあります。有料オプションとして検査項目を追加することができます。頭部のMRI・MRA検査、胸のCT検査、骨密度検査、内臓脂肪測定、大腸の内視鏡検査、心理検査などです。これらの検査をすべて終えるには最低でも数時間かかり、人間ドックのプランによっては1泊2日で行う場合もあります。検査結果は医師から説明があります。重大な問題があるとすぐに治療が開始され、場合によっては適切な医療機関が紹介されます。検査結果が書類による報告のみの場合もありますが、問題があれば医師による治療を受けられます。

人間ドックの施設をマーソで探そう