京都・名古屋の人間ドック事情

京都の人間ドック事情

日本では、世界でも類を見ないほどの速さで高齢化が進んでおり、65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合は、東京オリンピックの招致が決定している2020年には30パーセントに達すると推計されており、3人に1人が高齢者となります。平均寿命も約80歳といわれて久しい時代が続いています。高齢化の進行により、かつては定年退職をしたら仕事を離れ、後の期間は老後としてのんびり過ごすというのが一般的でしたが、最近では60歳の定年を迎えても今まで働いていた企業などでの再雇用や新たな仕事を始めるというのが普通になってきました。高齢化しても、元気で仕事をし、健康で過ごすには健康管理が第一です。平均寿命が延びるのに従い健康寿命を延ばしていく必要があります。そのためには、日ごろから健康診断や人間ドックを定期的に受け、健康チェックを怠らないことが必要です。京都では、人間ドックを行う医療機関や健診機関が充実しています。

名古屋の人間ドック事情

名古屋は人間ドックの激戦区として知られています。市内は何処に行くのにも便利な市営地下鉄が整備されており、その駅から近いところに数多くの人間ドックを行える医療機関があります。これらの医療サービスは一般の医療とは違い健康保険を使用しないということが特徴になっています。そのため価格は各医療機関の裁量に任せられているところがあり、受ける医療機関によって検査内容や値段が違うのが一般的です。
この様な事情からより多くの顧客を取り込めるようにと激しい競争が繰り広げられるようになってきました。この競争はインターネット上でも激しく展開されており、情報を検索すると様々な医療機関の様々なコースの情報を見ることが出来ます。この様な傾向は全国の都市部で発生していますが、名古屋の状況は東京や大阪の様な大都市圏に次いで激しいものがあると言えるでしょう。価格は勿論のこと、サービスについても改善に次ぐ改善が行われており、上質なサービスの提供が可能になっています。